ご相談・お問い合わせ

生産者とのつながり

産地との協力

弊社は仲卸業として創業当時より、生産者とのつながりを重視し、直接生産者や出荷組合との取引にも力を入れています。私たちが生産者の方と直接お付き合いすることで産地との活発な意見交換や新しい取り組みがよりスムーズに行われています。

山梨県笛吹市一宮の生産者団体「てんとうむしの会」とは35年にわたり信頼関係を築いています。てんとうむしの会は桃本来の味を消費者の皆様にお届けしたいというところから発足しました。桃本来の味を追求するために効率より品質を重視し、果実の状態をひとつひとつ手(指)の感触で見極め収穫されています。

近年では世代交代もされ若い力も加わり、より一層力の入った活動をされています。会の取り組みとして、エコファーマーや山梨GAPの認証も取得されています。

てんとう虫の会の桃 紹介動画はこちら↓

地産地消への取り組み

横浜の仲卸会社として神奈川県産、横浜市内産のいわゆる地場野菜商品を扱い、地産地消にも取り組んでいます。

産地から消費者までの距離は、鮮度や輸送コスト、子供へ農業や農産物への親近感を持たせる教育力といった観点からみて、近ければ近いほど良いと考えています。また、地域で生産されたものをその地域で消費するということは、地場農産物の消費を拡大し、ひいては地域の農業者を応援することにつながります。

弊社は、地域社会に貢献するという理念のもと、これからも消費者と生産者を結ぶ架け橋として努力を続けていきます。現在は、生産者と一体となって商品開発や地場野菜の強化をはかり、またその日の朝取れた鮮度抜群な【朝取り】のキャベツ、レタス、とうもろこし等の販売にも取り組んでいます。

商品の一年の流れ

弊社で取り扱いのある地場野菜です。

TOP