ご相談・お問い合わせ

季節野菜のおすすめレシピ

季節のおすすめ野菜 春キャベツ

品目:春キャベツ 分類:アブラナ科
主な生産地:神奈川(三浦)

野菜ソムリエからの一言

冬のキャベツに比べて結球がふんわりとして巻きが緩く、内部まで薄い緑色なのが特徴です。みずみずしさやビタミンCを残すためにも火はなるべく通さない料理法が良いでしょう。 たっぷりと含まれているビタミンCにはヒスタミンの放出を抑制する働きがあり、アレルギー症状を抑える効果があるので、花粉症にお困りの方におすすめです。

また、ビタミンEと組み合わせることでより抗酸化力が高まるので、緑黄色野菜などと合わせて食べると風邪予防にも良いでしょう。

春キャベツと桜エビのペペロンチーノ

材料:2人前(1人前 約530kcal)

春キャベツ 100g
オレンジパプリカ 100g
ニンニク 1片
乾燥赤唐辛子 1本
乾燥桜エビ 適量
オリーブオイル 大さじ2
パスタ 200g
適量
胡椒 適量
  1. 春キャベツはザク切り、パプリカは細切り、ニンニクはみじん切り、種を取った赤唐辛子は輪切りにしておきます。
  2. フライパンにオリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、焦げないようにじっくり火を入れます。香りが出てきたらパプリカを加えます。
  3. 大きめの鍋に湯を沸かし、湯に対して1%の塩を加えてパスタを茹でます。茹で上がり1分前に春キャベツも加えてサッと茹でます。
  4. パスタ、春キャベツと適量の茹で汁を②に加えて炒め、塩と胡椒で味を調えます。
  5. 皿に盛って乾燥桜エビを散らしたら完成です!

ポイント食感とビタミンU・Cを残すためにもキャベツは茹で過ぎに注意して下さい

季節のおすすめ野菜 タケノコ

品目:タケノコ 分類:イネ科マダケ属
主な生産地:福岡・鹿児島・熊本

野菜ソムリエからの一言

竹の地下茎から出てくる若い芽の部分がタケノコです。地上に出てしまうと固くなりえぐみも強くなるので、穂先が出るか出ないかぐらいで収穫するのがコツです。柔らかい先端部分の姫皮は酢の物や和え物に、穂先は炊き込みご飯、中央部分は炒め物など幅広く使用できます。

収穫してすぐのタケノコを皮付きのまま焼く焼きタケノコも絶品です。

たけのこの土佐煮

材料:2人前(1人前 約70kcal)

茹でたタケノコ 150g
かつお節 5g
木の芽 1g
しょうゆ 大さじ1
料理酒 大さじ1
みりん 大さじ1
大さじ1
  1. タケノコを1口大に切ります。
  2. 鍋に水と調味料を入れ煮立たせ、タケノコを入れ弱火で汁気がなくなるまで煮ます。
  3. 汁が少し残った状態でかつお節を入れ混ぜます。
  4. 器に盛り付け木の芽を飾ったら出来上がりです。

ポイント鮮度が命なので皮付きのまますぐに下茹でしましょう!

TOP